Spincoaster

2014

CI

an online music magazine “Spincoaster” brand logo - DESIGN & Art Direction

Spincoaster

STORY & CONCEPT

Spincoaster は国内外問わず独自に厳選した音楽を紹介するメディアです。
新しいロゴの制作にあたっては既存のロゴデザインの完成度をより高くするリデザインの手法を取りました。
既存ロゴのデザインを踏襲することを念頭に置きながら, 中心の “S” の形状やそれを取り囲む2つの円の太さと距離関係など, シンボルマークを構成するすべてのパーツを見直しました。スマートフォンや PC など小さなサイズで見たとき, フライヤーやショップカードなど大きなサイズで見たとき, 様々な大きさと環境下で美しく見栄えることを目的に全ての調整は行われています。

Spincoaster

レコード盤をモチーフにした原案は明快で, Spincoaster が音楽メディアを軸として展開していく組織であることを示すロゴとしてふさわしいデザインであると感じました。そこで本プロジェクトでは「ロゴは新しくするのではなく, 既存のロゴに微調整を施すほうが良いアウトプットが生まれることもある」という, monopo CI リデザインでのスタディをクライアントワークへ適用しました。

「ロゴを新しくする」という行為は多くの場合, 全面的な刷新を意味します。全く新しいロゴに変えることのインパクトは大きく, 企業が「変わった」ことを印象づけるために既存ロゴの名残は削ぎ落とされる傾向にあります。しかしながら「変わった」インパクトは瞬間的なものです。もしも既存のロゴにまだ魅力を感じ, 原案者の意図を尊重しつつ手を加えることでより良くなる余地が存在するのであれば, 中長期的なデザインの強度という観点からもリデザイン (=より最適な状態を求める) を「新しいロゴ」の選択肢に入れることも大切だと考えています。

the TEAM

CLIENT : Spincoaster

ART DIRECTOR : TAKAYA OHTA

CI

TAKAYA OHTA

DESIGNER / Art Director

  • ANRI

    ANRI

    CI

    LATEST

  • poweredby.tokyo

    poweredby.tokyo

    VI

    2016

  • 災難だわ

    WATA MEGUMI / SAINANDAWA

    ARTWORK

    2016

  • ブラインドマン

    WATA MEGUMI / BLINDMAN

    ARTWORK

    2016

  • Capeson

    Capeson

    ARTWORK

    2015

  • MERY

    MERY

    CI

    2015

  • 綿めぐみ

    WATA MEGUMI

    VI

    2014

  • Tokyo Recordings

    Tokyo Recordings

    CI

    2014

  • 3Minute

    3Minute

    CI

    2014

  • Spincoaster

    Spincoaster

    CI

    2014

  • monopo

    monopo

    CI

    2014

  • ADSR

    ADSR

    ARTWORK

    2014

  • N.O.R.K.

    N.O.R.K.

    VI

    2013

  • A LABEL by JIN OKUMA

    A LABEL by JIN OKUMA

    VI

    2013

  • Creatty

    Creatty

    CI

    2012

DESIGNER / Art Director

1989BORN IN OKINAWA, JAPAN
2009ENTERED RIKKYO UNIV.
2011Connehito : DESIGNER
2014GRADUATED FROM UNIV.
2014TOKYO RECORDINGS : Art Director
2014monopo : DESIGNER / Art Director
2016peroli : DESIGNER / Art Director

タカヤ・オオタ
沖縄県沖縄市生まれ。立教大学経営学部卒業。
ストーリー&コンセプトを重視し, CI/VIを起点としたデザインを得意とする。
ロゴはそれ自体がアイデンティティを有するのみならず, その他のクリエーティブと合わさることで総体として成り立つことを念頭に置いて設計を行う。